092-753-8122
  • 成田塗装スペシャルローン
  • クレジットカード使えます

塗装の流れ

塗装の流れ

塗装の順序や方法 屋根塗装 外壁塗装 寝屋川市 枚方市 大阪府の成田塗装    (塗装の流れ)

★屋根編

屋根の塗装は塗料の選択や、下地処理等で大きく耐久年数が変ります。剥がれ等を犯さない為にもきちんと施行する必要があります。

屋根、外壁はどうの様にして塗装するのでしょうか?成田塗装の塗装例をご覧下さい。

◉モニエル瓦

◉カラーベスト

◉セメント瓦

◉金属瓦  の順で下記に説明をしております。

外壁編はこちらで説明いたします。


塗装が出来るの?屋根の種類の多さにビックリ!!

屋根にはいろんな種類の屋根材(瓦があります)全て瓦という言い方で構いません。

薄いもの、分厚いものから様々の屋根の種類を紹介します。

我が家の家の屋根は塗装できるの?

業者さんにこの屋根は塗装できないと言われた

この屋根は葺き替えが必要』『塗装可能?

屋根の塗装が剥がれてる等々、

色んな不安を持つかたがいらっしゃると思いますが、

まず、疑問点や 理解出来ない点が有ればなんでも質問してください。

もちろん、屋根の塗装にも限界がありますので、無理に塗装するのは禁物

ただ、塗装出来、屋根の保護、コストやゴミを増やさない為にも、塗装が可能な場合も有ります。

しっかりとお客様自身が学び、悪質な知恵に振り回されない様にすることが大切です。

☆☆屋根(瓦)の種類 モニエル瓦☆☆

まずは、モニエル瓦という種類で、すでに生産は終わっておりますが、非常にまだ多くのお客様の

屋根に葺かれている屋根の一つです。

呼び方は沢山有り、

モニエル瓦  スラリー瓦

乾式コンクリート瓦

スカンジア瓦  クボタ瓦

等々沢山の呼び方が有ります。

この屋根は重たいと言ったデメリットはありますが、凍害に強く、頑丈と言ったメリットも有り

今までに沢山の家に使用されて行きました。

この屋根も、割れていたりすると交換しないといけませんが、廃盤の為に、在庫が限られます。

割れてた場合は 瓦の種類によっては変わりがあるかも知れませんが、その様な相談はまず、成田塗装の

スタッフに相談ください。

この屋根材は、プレスされた瓦

プレスセメント瓦と良く似ていて、塗料の選択を間違いやすい傾向にありますので

注意が必要です。

その違いは下記にて説明しますが、

モニエル瓦も、セメント瓦も、塗料の選択を間違えると、ほぼ塗料が剥離、剥がれてしまいます。

この瓦に重要なのは念入りの洗浄と、専用の下塗り材や、上塗り材が重要なポイントになります。

ここで紹介する、モ二エル瓦は、表面に塗装されたスラリー層(スラリー瓦と言う名前の発祥)の塗装幕が

経年で劣化し、このスラリー層が悪さをして、塗装を、塗料を浮かしてしまいます。

このスラリー層の洗浄と、浸透させて固める塗料の種類の選択が大切な事がわかります。

乾式コンクリート瓦 スラリー瓦 モニエル瓦の見分けの方法が右の写真の小口の部分を見て判断します。

瓦の裏を見て、違いを判断する方法もありますが、表面で判断する方法としては右の判断が一番簡単です。

屋根の種類が判断できると塗料の選択になりますが、

◉オリエンタル塗料

マイティーシリコン クールくんマイティーシリコン(遮熱タイプ)

◉大同塗料

ハイルーフマイルドシリコン ハイルーフマイルドフッソ(フッソは大同塗料のみ)

等が選択の種類になってきます。

成田塗装では上記の塗料が非常におすすめで、今まで何の問題もなく、お客様の家を瓦を長期間守っております。

◉その他の塗料

下塗りを専用の下塗りを利用する事によって

断熱ガイナ 断熱塗料も塗装可能です。

センチュリオンと言う名前のデザイン
ホームスタッドと言う名前のタイプ
洗浄が非常に大切で、洗浄した水が抹茶色になり流れます。

同じく、ホームスタッドの方も、写真でお分かりの様に、旧塗膜のスラリー層を

入念に洗浄します。

塗装の工程 各屋根材共通 モニエル瓦 センチュリオン ホームスタッド

しっかりと洗浄する 洗浄後に指で擦り、旧塗膜が指につかない程度

この後、右の写真はオリエンタル塗料の

クールくんマイティーシリコン を塗装してゆきます

下塗りに高反射プライマーを塗装。(推奨工程)

この工程は無しでも マイティーシリコン は塗装可能

 

上塗りとして、マイティーシリコン (クールタイプ)を塗り重ねます。

成田塗装の工程は標準3工程が主流です。

2工程でも塗装可能ですが、瓦の劣化がほぼ進んでいて、2工程は実質難しいことが多い。

屋根クールクンマイティーシリコン塗装後 オリエンタル塗料
屋根ハイルーフマイルドフッソ塗装後 大同塗料
屋根クールクンマイティーシリコン塗装後 オリエンタル塗料
屋根 断熱ガイナ塗装後 日進産業

☆☆屋根(瓦)の種類 カラーベスト☆☆ 一番主流の屋根材

屋根の塗装の中で1番ポピュラーなのは「カラーベスト」
◉スレート瓦 薄型スレート 等々
呼び方がありますが、カラーベストと言われるのが一般的で主流です。
「この屋根は塗装できる?」
「カラーベストって割れる?」
「割れてる瓦をどうする?」
「カラーベストって何回塗装できる?」
色んな悩みが有ると思います。

我々成田塗装も屋根の塗装には細心の気を使い、下地処理から洗浄までまずは

下地の調整からしっかりと施工して、お客様の家の屋根を守るよう日々努力しております。

種類は様々です、まずはお客様の家の屋根の塗装の可否をしっかり判断しましょう。

◉塗装のタイミング

色あせ、や剥がれ(過去の塗装の失敗)

『この屋根大丈夫?』

『訪問販売業者に屋根が危ないですよ!』

『屋根に問題がある??』

等、心配に思う方、他の方に何か言われた方

一度成田塗装へ相談ください。きっと不安や疑問が解けると思います。

一般的にカラーですとの場合は塗装はスレート瓦様であれば塗装可能ですが、

中には注意が必要な瓦もあります。

代表的な瓦は

パーミルA(ニチハ)

パミールS(ニチハ)

レサス(松下電工)

シルバス(松下電工)

コロニアルNEO(クボタ)

アーバニー(クボタ)※条件的には塗装可能な場合有り。

セキスイかわらU(セキスイ屋根システム)

◉塗り替え可能な塗料は瓦自体に問題がない場合はほぼ屋根様の塗料で有れば塗り替え可能

 

後は注意瓦としてスリットの入った瓦が

良く割れやすい傾向にあります。

下の注意屋根の銘柄参照図面参照

等々色々有りますが特に有名なのがパミールシリーズで当時アスベストの利用が禁止され、

屋根材のツナギをパルプ(紙のような素材)で

製造したため経年の劣化で、ウハース状に剥離してきます。

塗装は可能な状態でも、将来敵にその様な問題が起こり得る事を把握しましょう。

屋根の葺き替えやカバー工法は予算的に、、

と思われる方も多いとは思いますが、

この辺のポイントを把握しておれば

上手く時期を調整して、屋根のリフォームに

段階をつけて将来的なリフォームに繋げることも可能です。

パーミルは

剥離が多く出ている時」は

塗装は不可

レサスは割れが多く出ていてる時は「塗装不可」歩くだけで割れてしまいます。

様々な注意点が有り、種類も多いので

しっかりと点検して「塗装」か「カバー工法」かを決めましょう。

弱ったアーバニー 割れて落ちる
パーミールA ウエハース状の剥離
パミールS ウエハース状の剥離
レサス 割れが多く出ている
  • 後は注意瓦としてスリットの入った瓦

左のカラーベスト 屋根材には スリット 切り込みが入っているのがわかりますが、

これが意外や問題がある事もあります。

言葉では説明できにくいですが、下の黄色い紙に書いた図を見ていただくと

瓦自体の弱い箇所と、理由がわかると思います。

ウチの家の屋根にスリットが!!

と言う方はまずは相談ください。

図の様に 釘穴とスリットな末端が距離(幅)が非常に短いので

その部分がよく折れ、割れます。

割れてしまうと瓦がストンっと落ちてしまうケースがあります。

こればかりは屋根の塗装の際 工事スタッフが歩いた際に耐えるか耐えないかで

判別するしかありません。

屋根の調査の時にすでに割れて落ちている場合はもちろん塗装ではなく、カバー工法。

割れた箇所が少なく、数枚補修で他の瓦が大丈夫な場合は塗装も可能な場合があります。

塗装可能なカラーベストもかなり数が多いです。
変わった形の瓦もありますので
既に廃盤になっている屋根の修理は
現実的に 屋根専用の修理剤(専用ボンド)
などを利用するしかありません。

屋根は人さえ歩く事は少ないですが、
近年台風を含む強風も多いので、塗装後も
もちろん、塗装やリフォーム前にもしっかりと「火災保険」に入っておくことが大切です。
ただし、注意点としては火災保険の「風水害」の特約を外さない事!
普通の契約の段階では標準で付いている事が
普通ですが、金額を安くする為に風水害を抜いてしまっている方も多く見られます。
ですので家の火災保険の証券を今一度しっかりと確認し、
風水害等特約が付いているかを確認してください。
ウチの家の屋根の破損に「火災保険は使えるの?」と疑問をお持ちの方は一度成田塗装へ相談ください。
府民共済や県民共済は火災保険としても安価で支流にはなっておりますが、
条件や口数では見舞金が支給されますが、修理には不十分な場合が多いので、
これもしっかりと見直す事が大切です。

☆☆セメント瓦☆☆ この屋根は一体何?塗装可能ですか?

◉セメント瓦
最近めっきり見る事が少なくなった塗り替え必須なセメント瓦ですがお客様の中では

セメント瓦?」「何て言う種類の瓦?

って方は少なく無いとは思います。

新築ではセメント系の瓦は増えてきておりますが、ひと昔前のセメント瓦とは少し違う

高対抗の瓦が多いです。

塗り替えが必要なセメント瓦もメリットもあり、強くて頑丈で、

塗り替えによるメンテナンスが可能、凍害に強い等、、

ただし、デメリットとしては、重たい。とそれぞれ瓦にも得意不得意があるんですね、

このセメント瓦も塗料の洗濯を間違えると

剥離、剥がれ、の原因となりますので注意が必要で、一般的な屋根塗料では塗装出来ません。

見分け方もモニエル瓦の項目を参照して頂ければ分かりますが、

瓦の小口に凹凸は無くまっすぐ切れているのが特徴です。

瓦の裏は網目上に型が付いており、お客様でも直ぐに見分けがつきますが、瓦を捲らないとわからないので、

まずは 表面の小口を確認します。

それと良くある症状ですが。「細かい表面割れ」が有りますがコレは製造工程の中で出来るもので、貫通した割れとは

違いますので、

特に神経質に心配する必要も有りません。

ただし、パックリと割れてしまっている場合は交換もしくは修理が必要になりますので、

詳しくは成田塗装まで相談ください。

可能な塗料としては

◉オリエンタル塗料

マイルド優雅(オリエンタル塗料)

◉大同塗料

ハイルーフマイルドシリコン(大同)

ハイルーフマイルドフッソ(大同)

が使用可能で、成田塗装でも多くは無いものの、

上記の塗装では素晴らしいほどに問題点等は今までに有りません。

工程も上記のスラリー瓦 モニエル瓦と同じく しっかりと洗浄し、

下塗り 上塗りを重ねていく事で塗装は完成できます。

モニエル瓦に似ているがセメント瓦
本文を入力してください
本文を入力してください

☆☆金属屋根のいろいろ☆☆ サビが沢山出ている、剥がれが有る。

◉金属屋根
瓦棒(かわらぼう) 折板屋根 その他金属屋根
(葺き方は様々で「瓦棒噴き」「立平噴き」などが有ります。)

瓦の中には金属製の屋根の多く有ります。

当時はハウスメーカーにも多く使用され、

意外に軽く施工性の便から利用されております。

後は瓦の家に一部下屋根が有りその部位だけ使用されるケースも有ります。

特に注意が必要なのは「

通常の「ブリキ」「ブリキ屋根」と言われるスズメッキの瓦に関しては劣化が進み、赤錆が出てるくらいでは問題無く

錆を落とし錆止め塗装後に上塗りの順で施工できますが、

穴あき錆や以前の塗装の失敗の場合は

修理、とかなりの下地調整が必要になります。

意外や塗装の失敗が多く見られ、以前の塗装時に錆止め、

下地のケレン(下地ごしらえ)が甘く、バリバリに剥がれているケースが多く有ります。

その際には剥がれた塗料や錆をかなり入念に取り除く作業が必要ですので、

費用的にも余計な予算がかかるケースがほとんどです。

そうならない様にも、価格重視の考え方よりも、適正工事を重視して、

どの様な下地処理法が有るのかをしっかりヒアリングして打ち合わせをして、施工する事が大切です。

塗るよりも塗った塗料を剥がす方が倍以上手間がかかり、

当時は安く済んだと思っていても将来的(現在)にとんでもない費用がかかり

悲しい現実を突きつけられる事になります。

中には塗装で限界が有り、屋根の葺き替えややカバーが必要になるケースが半分です。

しかし、変に塗装するくらいであればカバー工法などの方が良い場合もあり、

今現在では「ガルバリウム鋼板」と言う金属屋根も有り、非常に錆に強い金属屋根も存在します。

何れにせよ不明な点は成田塗装へ相談ください。

お客様としっかりとした打ち合わせの上

各お客様毎に、「ベター」「ベスト」の工程、プランを見つけましょう。

しっかりと下地処理
専用の下塗り材
金属屋根塗装の完成
◉屋根の塗装について

屋根の塗装は屋根の葺き替えの必要がなく、

屋根の素材の中性化(酸性化)防止

いわゆる屋根の素材の保護の為に施工します。

※屋根塗装で雨漏りは直りません

 

屋根には色々な種類の屋根が有りますが、

経年劣化で色褪せや先ほど説明した

中性化」により弱体化した屋根を塗装で

痛みの進行を止めたり、

保護する」事が可能です。

もちろん色んな色が有りますので

イメージチェンジも可能です。

 

近年 ゴミを減らそう!

と言う様な世の中で屋根の塗装は

エコロジーに一役かってくれます。

 

葺き替えでは沢山のゴミが出ますが

塗装の場合はそれが出ません。

 

もちろん葺き替えが必要な場合は葺き替えや

特に屋根のカバー工法などでもゴミを

極力減らす事ができます。

 

ゴミを捨てるにも費用がかかるため、

屋根が痛んでしまう前にメンテナンスが必要になります。

 

屋根の種類によって塗れる塗料の

種類が変わってきます。

※特に下塗り材

屋根の種類によって「塗料を変える」

と言う事ですが主に下塗り材の(下塗り塗料)

を変える必要があります。

 

屋根には

スレート系

セメント系 

スラリー系 

コンクリート系

金属系

と様々ですが、

それによって下塗りを変えてあげることによって、上塗りの塗料の密着を保持します。

 

屋根だからといって全て一緒の塗料では

ありませんので、しっかりとした

下塗り塗料を選ぶ事が大切です。

(知識が重要)

 

もちろん、塗料の選択だけではなく、

塗り方

が1番の耐久性を左右することになります。

適当に塗れば剥がれなどを起こしますので、

せっかくの塗装工事も

台無しになります。

しっかりと日にちをかけて

 

屋根の洗浄

下地処理

下塗り(錆止めや 下地固め)

そして

中塗り

上塗り

最低でも4日程かかる工事になりますので、

極端に短い工事は危険です。

塗料は乾いてから次の塗装の

工事をしないと行けませんので、

半乾きの状態などで次の

工程(塗装)に行っては行けません。

ちなみに瓦の隙間は雨が入るのでは??

と塗料で埋めたくなりますが

埋めてはいけません。

 

屋根の隙間は通気することによって

水分など呼吸するために必要な隙間ですので

しっかりと縁切り(埋まらない様に処理)

して塗装する事が大切です。

 

成田塗装には度々屋根の塗装の失敗した

お客様からの相談がありますが、

下塗りの効果不良や

屋根の隙間が埋まっている。

 

しっかりと洗浄出来ていない

苔が残ったまま塗っているなど、

色んな要因で剥がれてしまっているお客様

から相談を受けます。

 

他業者では

安かったので」つい注文してしまい、

剥がれても対応してくれないと、

途方に暮れて成田塗装にたどり着き

相談する事が多い様です。

 

「塗装」と言うものは、

やはり塗り方がが大切なので、

日にちの短縮や

安売り

と言うのはかなりリスクが高い

物になります。

 

ただし、高いだけでは良くありませんので、

しっかりとした施工

適正施工

しっかりと納得出来る

適正金額

でしっかりと打ち合わせした上

契約して施工を進めましょう。

◉今まであった成田塗装での屋根の問題

以前の塗装で剥がれが多く、出来るだけ

下地処理はしたが見た目がやはり良くない仕上がりになったよ。

※お客様了解済み

 

以前屋根の隙間を塗料で埋めてしまっていたので、屋根の瓦の下の野地板(ベニア板)

の状態が良くなくて塗装が出来なかった。

カバー工法で対応。

 

金属屋根が錆びたまま放置していたので穴が沢山開いていて、塗装が出来なかった。

金属屋根の葺き替え

 

以前屋根塗装する際に足場を無しで施工したらしく、細部まで全く塗装できていなかったため、下地処理に手間隙がかかった。

費用は約8万円ほど高くついた。

※お客様に説明して了解の元

 

色んなトラブルを防止する為にも

しっかりと成田塗装の担当者の

説明を聞いて納得出来るまで、

不明な点は質問して頂ければ結構です。

 

寝屋川 枚方 交野 四條畷市の

お客様やその他のお客様、

何でも不明な点は聞いてください。

私たちのこだわりと、行ってみたい、利用したいお店。

この様なお店と施設の様になりたいと私たちは思います。

●良い材料を利用する飲食店

◉塗料の詳しい説明をしてくれる塗装店の成田塗装

●丁寧に凝りをほぐすマッサージ店

●すぐに修理に来てくれる優しい電気店

◉雨漏りを最後まで直してくれる成田塗装

●落ち着いた丁寧な接客のレストラン

●ホワホワの食感の良い美味しいパンのパン屋さん

●笑顔のフロントマン ドアマンのホテル

◉近所と差が着く仕上げをてくれる丁寧な成田塗装さを

●いつも親身になって指導してくれるジム

●部位を説明してくれるステーキハウス

●コーヒーの良い匂いと優しいマスターの居る喫茶店

◉気の利いた丁寧な職人が居る成田塗装

●良い素材を適正な価格で買えるスーパーマーケット

◉デザイン力が素晴らしい塗装店の成田塗装

●笑顔で対応してくれるこううくう航空会社

●挨拶が元気で気持ちの良いテーマパーク

●いつも笑顔の看護師さんが居る病院

●読むだけで楽しいポップが有る本屋さん

◉そこまでしてくれるの?成田塗装

●清潔な種類の多いバイキング

●自然をありのままに活かしたキャンプ場

●いつもわがまま聞いてくれる車屋さん

●見ただけで楽しくなる綺麗なデザートビュッフェ

◉お客さんから口コミの多い塗装店の成田塗装

●いつも地元の為に頑張ってる交番のお巡りさん

●トリートメントの上手な美容室

●お袋の味を体験できる定食屋さん

●いつも元気に誘導してくれるガードマン

●いつも境内を綺麗に掃除してくれる宮司さん

◉地元密着の愛情を感じる塗装店の成田塗装

●美味しいコーヒーと雑誌の多い綺麗なラウンジ

●空気の美味しい景色が最高の牧場

●愛するペットに親身になってくれる獣医さん

..................................................................................................................................

気の優しい職人さんが、本当の愛情をを込めて

一軒一軒」時間をかけて仕上げる

成田塗装。

私達はまるで

ホテルの「フロントマン」と

職人」のハーフになって、

少し違う、人柄

他社と少し違うデザイン

お客様に提供したい。

そんな雨漏りや、防水工事、

屋根、外壁塗装の専門店です。

 

before

瓦には何種類とタイプがありますが瓦によって塗料の選択が必要になります。写真は現状の状態です。

 

乾式コンクリート瓦(スラリー瓦)

薄型スレート(カラーベスト)

1.洗浄

コケ、旧塗膜を高圧洗浄機で洗浄します。削り取る感じです。。。
写真はカラーベストと下は乾式コンクリート瓦の別のタイプ。

洗浄

洗浄後

2 下塗り

乾燥させて、屋根に下塗りを塗ります。シーラー、ですとか、プライマー、です。写真は白い遮熱タイプのシーラーで、赤外線をシャットアウトさせ、熱を跳ね返します。透明タイプのシーラーもあります。

3 補助工事

根の通気性を損なわない様にタスペーサーを使用します。屋根の隙間が埋まると湿気等で、めくれや野地板等が腐ってしまいます。

タスペーサーの取り付け位置

4 中塗り、上塗り

シーラーを施行した後、中塗り、上塗りの塗装を施します。合計3回塗で仕上がります(標準)

5 完成

塗装を繰り返した後、完成です。

◉洗浄(高圧洗浄)


外壁、屋根の塗装工事の開始前に外壁屋根を洗浄機で洗浄します。
薬剤などは使わず、高圧洗浄機の調整で強弱を調整して 水圧でコケ 汚れを流します。
コケなどは残っていると湿気で膨らみ塗装を浮かしてしまう事が有りますので念入りに洗浄します。
屋根も同じくコケが多いのでしっかりと洗浄します。
外壁屋根洗浄後に希望により、外塀、車庫や玄関周りのタイルなどを洗浄して完成すれば全てがキレイになる様にします。

◉シール工事(コーキング)


高圧洗浄の後には乾燥後にシール工事の工事に入ります(コーキング)サッシュ周り(サッシ)や外壁の目地やひび割れ(クラック)を処理して雨漏りを未然に防ぎます。
建物の場所によりシール工事をしない隙間もあります。
スタッフより案内は致しますが、シール工事をしては行けない隙間もありますので注意が必要です。
コレも雨漏り診断士の知識で有り、
「空いている隙間は全て埋める」と言う事がダメだと言う事を説明します。
逆に雨漏りの原因になる事が多いのです。


◉下地作り(下地調整)


外壁のめくれや屋根の割れを修理します。
外壁には窯業サイディング
モルタルセメント
ALC パワーボードなど
種類が有りますのでその外壁にあった補修 修理方法があります。
屋根の瓦は 薄型スレート(カラーベスト)
セメント瓦 乾式コンクリート瓦 スラリー瓦 モニエル瓦などが有りますのでその種類に合った補修 修理方法を施工します。

◉下塗り


下塗りは厚く多く塗る方法
薄く多く塗る方法とがあります。
基本多くの家は下塗りを2層構造で塗装するのが成田塗装です(金額は変わりません)
自己満足で有りますが、他の塗装店などよりもずっと長持ちしてひび割れにも強い家を作りたい成田塗装です。
通常よく聞く3回塗りで済む家はほぼ有りません。
下塗りは厚く塗れる塗料ですので、
まずはここで厚く塗装し外壁に体力をつけます。
成田塗装の工事が他店より長く期間がかかってしまうのはこの様な工程を踏むからでも有ります。
15年に一回有るか無いかの外壁工事なのでどうか2、3日の工事の余裕を私達に与えて下さい。
屋根塗装が薄く多く塗る事と、下地に下塗り材を吸い込ませて固める事が大切ですので、
外壁塗装とは少し違います。

◉中塗り上塗り


ここで初めて色をつけて行きます。
ローラーなど塗装用具を変えて
たっぷりと色をつけて行きます。
大抵も家は大体3〜4色程使用すると家らしい
家になりますので、私達成田塗装が配色の提案をいたしますので、お好きな色を数色教えてください。
屋根も同じく金属部と瓦部を色を変えることによって屋根らしい屋根になります。
家のデザインは成田塗装にお任せください。


◉上塗りの調整(サッシュ廻りのライン出し塗装)


仕上げの確認と調整です。
サッシュ周りの塗装の線を真っすぐに出す最後のチェックを含む工程で、
この工程が終わると養生ビニールを撤去し
その他の付帯部の塗装に移ります。
サッシュ周りのラインをキッチリ出すだけでも完成度がかなり差が出て、クオリティに差が出ます。

こんなページも読まれています

外壁・屋根塗装のこと、お気軽にお問い合わせください

こんなご質問を
頂いております

    • ●始めての塗り替えで、何もかも解らない。
    • ●塗料ってどれだけ種類があるの?
    • ●他社で見積が思ったより高かった。
    • ●長持ちする塗装がいい。
    • ●汚れが気になって仕方が無い。
    • ●省エネ出来る塗装って?
    • ●塗装って何年毎に塗替えるの?
    • ●どんな職人さんが来るの?怖くない?
  • メールで相談する
© 有限会社成田塗装
ページトップへ